スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでいいのか? 映画界では実力より人気最優先。直球監督の無謀な挑戦!

これでいいのか? 映画界では実力より人気最優先。直球監督の無謀な挑戦!
http://jp.ibtimes.com/articles/15454/20110304/.htm(IBTimes)

●監督特別寄稿[中編]無名の新人実力派女優を発掘する監督?

新人女優発掘監督──。よく、そんな風に言われる。前作『ストロベリーフィールズ』の出演者から、5人もブレイクしたからだ。通常、誰か1人でもブレイクすれば「新人の素質を見抜く力がある!」と言われるのに、5人も! 谷村美月を筆頭に、佐津川愛美、東亜優、そして芳賀優里亜。皆、主演を張る女優になった。芳賀はもともと『仮面ライダー555』で人気者だったが、さらに羽ばたいていった。

女優だけでなく、波岡一喜君も! 今はどの話題作を見ても出演している人気者。彼もまた『ストロベリー』に出てくれていた。そんなことがあったので、今回の『青い青い空』まわりから、「また、誰かがブレイクするかも?」と期待されていた。超プレッシャー! そんな状態でキャスティング開始。だが、ブレイクする女優を探す以前に大変なことがある。

通常の映画では「人気の若手を入れてほしい」とスポンサーから言われる。CMで活躍中のA子。グラビアでよく見るB子。バラエティで人気のC子。映画界ではそんな子たちが主役に選ばれる。「A子は秋から連続ドラマにレギュラー出演するので、今のうちに主役をやらせておくとDVDが売れるぞ! だから、主役!」みたいな決め方をする。役が合ってなくても主演! だから、何だか変な映画が出来ることが多いのだ。

本来、キャスティングは、その物語のヒロインにふさわしい子を選ぶのが基本。「人気がある」「売れている」で決めてはいけない。そういうと「甘いな! それじゃ製作費が集まらないんだよ」と先輩たちから注意される。でも、どうにか、多くの皆さんの協力で製作費を集めることができた。だから、本当にふさわしい、素質ある子を選ぶ。全員オーディション!

だが、次なる問題がある。俳優事務所は実力のある子をオーディションには出して来ない。出演依頼をせねば、その子に会わせてくれない。まるで風俗店。写真だけで指名しろというのだ! CMで人気かもしれないが、本人に会わずしてキャスティングはできない。そんな俳優はいらない。公募だ!

発表すると、前作の信頼があったのか? 何と500名ものプロフィールが届いた。そこから書類選考。200人を選ぶ。その全員に会って今回の『青い青い空』の主人公5人を選んだ。相場香凛、草刈麻有、橋本わかな、田辺愛美、平沢いずみ。いずれも、なかなかの逸材。

草刈麻有はご存知、草刈正雄さんの娘さん。雑誌「セブンティーン」誌の専属モデルを始め、大人気。2世ということを超えた素晴らしい存在。だが、本当の凄さはこれから発揮されるはず。そして、相葉香凛は映画初出演で、初主演。演技経験ゼロ。だが、ものすごく「感じる力」がある。橋本わかなは当時14歳。平成の北島マヤ(「ガラスの仮面」のヒロイン)だ。今回も観客を号泣させた。田辺愛美。年齢制限19歳までの審査に、27歳なのに応募してきた大胆不敵な奴。それを採用してしまった! 年齢だけで落とすのはもったいなかったのだ。そして平沢いずみ。菅野美穂を彷彿とさせる凄い演技派。なぜ、この子が今日までブレイクしていないか不思議なくらい。やはり、日本映画界にも眠れる実力派が大勢いるのだ。

(以下略)

当たり前のことが当たり前のようにできない現状…
選ぶ側の声というのもなかなか面白い
スポンサーサイト

映画業界の求人情報

文化通信.com エンタメ業界求人情報
http://blog.livedoor.jp/ent_kyujin/


映画・放送・音楽の業界専門紙「文化通信社」の業界求人情報。
「映画業界」「映画業界/放送業界」の貴重な求人情報が見られます。
映画業界の求人情報探してる方はお見逃しなく。

文化通信.com
http://www.bunkatsushin.com/


エンタメ業界求人情報
http://www.bunkatsushin.com/recruit/


映画業界の求人情報は希少なので、本当にありがたいのです。
一部ではそういう情報は有料になってたりするので、なお感謝。

キネマ旬報映画総合研究所映画業界求人情報もそうですが
本当にこういった情報を無償で提供してくれるサイトには頭が下がる思いです

がんばれキネマ旬報映画総合研究所
がんばれ文化通信.com

映画館の料金どうなる?

TOHOシネマズ 大手シネコン初の値下げへ 一般1500円 (スポーツニッポン)
シネコン最大手のTOHOシネマズ(東京都千代田区)が来年春から、全国で映画の一般入場料1800円を1500円に引き下げることが19日、分かった。学生かどうかにかかわりなく、18歳以上を一般料金とする一方、18歳未満の料金は千円に統一する。

大手シネコンで初の本格的な値下げで、観客数の伸び悩み解消が狙い。全国の映画スクリーン数の約2割を占める同社の値下げは、業界全体の料金体系に影響を与えそうだ。映画界全体の2010年の興行収入は、過去最高となる見込みだが、近年の年間入場者数は1億7千万人前後で頭打ち傾向が続いている。

現在、学生料金は大学高校生1500円、小中学生千円で、高校生の多くにとっては500円の大幅値下げとなる。新料金は、6県の6施設で試験的に先行実施し、ほかの料金サービスの見直しとあわせて来場者の反応などを検証。ことし春から甲府市と長野県上田市、4月5日から宇都宮市と長崎市、同7日から広島市と鹿児島市で約1年間行った後、全国に拡大する。現行で千円のシニア料金(60歳以上)については、6施設での実績を基に、廃止や対象年齢の引き上げを検討する。

同社の中川敬社長は「デフレの中、1800円の料金は映画ファンの期待に応えていないと反省し、映画の作り手と送り手、映画ファンの3者が納得できる価格体系にしていきたい」と話している。


観る側にとってはありがたいが、作る側にとってはどうなのだろうか?

意外と知らない映画の仕事

映画関係の仕事をさっくり紹介してる素晴らしいサイト
13歳のハローワーク
http://www.13hw.com/jb_idx/jb_fav_jobs.php?c=art&f=05


(映画監督、映画脚本家、映画プロデューサー、制作担当、制作助手、映画俳優、スタントマン、俳優担当、キャスティングディレクター、ムービーカメラマン[撮影技師]、ライトマン[照明技師]、サウンドマン[録音技師]、美術・美術監督・デザイナー、ヘア&メイクアップアーティスト、衣装・ワードローブ・コスチュームデザイナー、音響効果、エディター[編集]、ネガ編集、記録[スクリプター]、殺陣師・アクションスーパーバイザー、操演(そうえん)、特機(とっき)、シナリオデベロッパー、助監督、技術系の助手、現像技師、オプチカル技師、特撮監督[特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー]、特殊撮影、ドローイング・SFXイラストレーター、特殊造形:ミニチュア、特殊造形:アニマトロニクス[animatronics]、特殊造形:特殊メイク、CG[Computer Graphics]、・CGI[Computer Generated Image]、デジタル[コンピュータ]アニメーション、予告編制作、映画字幕翻訳、映画配給、映画宣伝)

ストリッパーから宇宙飛行士までカバーする度量の広さ…(お、恐るべし)
若い子の可能性って素晴らしい

ちょっとずつ更新

シネマワーカー掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/movie/8994/

規制しないと無法地帯になっちゃうのが困りもの
なんとかして有用な場にしたいのだけれど…トホホ
しばらくは規制してみる(これって全然掲示板じゃないよ…><)

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もシネマワーカーをどうぞよろしくおねがいします。

<(_ _)><(_ _)>

ゴロ寝こそ正月

テーマ : お正月
ジャンル : 日記

フリーエリア

Home[シネマワーカー]
このサイトについて
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別就職「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社への就職
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。