スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古畑任三郎

古畑任三郎

年明け早々、見ものだったのが「古畑任三郎」。
これでファイナル?ということもあってか、
3夜連続の2時間スペシャル、とかなり豪華な企画でした。

キャスティングも石坂浩二、藤原竜也、イチロー、松嶋菜々子、と申し分なし。
特にイチローなんて反則に近いものがあって、
現役のプロスポーツ選手をドラマに主演させる(しかも犯人役)なんて
このドラマの企画・キャスティング力には本当に恐れ入りました。<(_ _)>

夢があったイチローのキャスティング

※企画・石原隆さんのキャスティングうんぬんについてはコチラをどうぞ
( ´-`).oO(イチロー口説くのに一年がかりだって…)

「古畑任三郎ファイナル」視聴率
古畑任三郎「今、甦る死」21.5%(石坂浩二、藤原竜也)
古畑任三郎「フェアな殺人者」27.0% (イチロー)
古畑任三郎「ラスト・ダンス」29.6%(松嶋菜々子)

※前番組からの推移
「平成教育委員会」  15.6% → 21.5%「今、甦る死」
「忍者ハットリくん」  9.1% → 27.0%「フェアな殺人者」
「志村けんのバカ殿様」19.3% → 29.6%「ラスト・ダンス」
(´・ω・`).oO(ハットリくん…、ゴールデンタイムなのに…)

で、視聴率。例のごとく裏番組などの関係もあるから単純には比較できないのだけど、
視聴率的にはイチローが人気俳優並み、
もしくはそれ以上の集客力(話題性)を見せてくれました。
(前がハットリくんじゃなければ松嶋菜々子より上だったかも…)

まあ俳優イチローが大根かどうか、
「フェアな殺人者」が作品として面白かったかどうかはともかく、
本業の俳優が素人俳優に集客力(話題性)でかなわなかったのは事実。

話題目当ての客寄せパンダ的キャスティングといってしまえばそれまでだけど、
お客さんに「観てもらう」という点では、これ以上ないキャスティングだったと思う。

キャスティングが大きな影響をもたらすのは映画も同じで、
そこらへんは、海外ではキャスティングディレクター、
日本ではプロデューサーや俳優担当などが担ってる。

こういう演技をとるか話題性をとるかみたいなキャスティングバランスは、
興行がある分、映画にはもっと求められるだろうし、もっとシビアな感じもする。

こういったキャスティングを仕事にして、映画に貢献するのもきっと面白いと思う。

映画プロデューサー
俳優担当
キャスティングディレクター
古畑任三郎とは

実力も話題もあった勝ち組?松嶋菜々子

スポンサーサイト

テーマ : 古畑任三郎
ジャンル : テレビ・ラジオ

フリーエリア

Home[シネマワーカー]
このサイトについて
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別就職「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社への就職
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。