スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館の料金どうなる?

TOHOシネマズ 大手シネコン初の値下げへ 一般1500円 (スポーツニッポン)
シネコン最大手のTOHOシネマズ(東京都千代田区)が来年春から、全国で映画の一般入場料1800円を1500円に引き下げることが19日、分かった。学生かどうかにかかわりなく、18歳以上を一般料金とする一方、18歳未満の料金は千円に統一する。

大手シネコンで初の本格的な値下げで、観客数の伸び悩み解消が狙い。全国の映画スクリーン数の約2割を占める同社の値下げは、業界全体の料金体系に影響を与えそうだ。映画界全体の2010年の興行収入は、過去最高となる見込みだが、近年の年間入場者数は1億7千万人前後で頭打ち傾向が続いている。

現在、学生料金は大学高校生1500円、小中学生千円で、高校生の多くにとっては500円の大幅値下げとなる。新料金は、6県の6施設で試験的に先行実施し、ほかの料金サービスの見直しとあわせて来場者の反応などを検証。ことし春から甲府市と長野県上田市、4月5日から宇都宮市と長崎市、同7日から広島市と鹿児島市で約1年間行った後、全国に拡大する。現行で千円のシニア料金(60歳以上)については、6施設での実績を基に、廃止や対象年齢の引き上げを検討する。

同社の中川敬社長は「デフレの中、1800円の料金は映画ファンの期待に応えていないと反省し、映画の作り手と送り手、映画ファンの3者が納得できる価格体系にしていきたい」と話している。


観る側にとってはありがたいが、作る側にとってはどうなのだろうか?
フリーエリア

Home[シネマワーカー]
このサイトについて
  サイトマップ
映画の仕組みとは?
  映画製作について
  映画配給について
  映画興行について
職業別就職「○○になるには?」
  映画監督
  映画俳優・役者
  脚本家・シナリオライター
  映画カメラマン・撮影監督
  照明技師・照明スタッフ
  美術監督・美術スタッフ
  映画スクリプター・記録
  編集技師・編集スタッフ
  映画配給会社への就職
  映画翻訳家・字幕翻訳家
  その他の職業
映画業界に就職するには?
  映画界で就職・成功する秘訣
  ネットで探る映画の仕事情報
  映画に関する疑問・質問FAQ
映画関連リンク集
管理人の雑感日記
掲示板:みんなの映画フォーラム
映画に関するアンケート
シネマワーカーへのメール

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。